音楽の徒然とした話です。

寒いといえば、新沼謙治の歌で、津軽平野のーなんたらなんてありませんでしたっけ。
春まちなんたら雪とか、ザラメ雪、七つの雪が降るとかそんな歌です。
演歌って聞いているようで聞いてないので、今一なのですが、あれは誰が歌っていたんでしたっけ。

よく親父が、サブちゃんのファンで、色々語っていますが、五木ひろしをいつきと言いますね。
世代的なものなのでしょうね。
北島三郎は、やっぱり出来ているプロだなと思いますね。本名、大野実でしたっけ。
うちの祖父さんが、占い師に改名したもらったのが、実だったと思いました。おちたらみのるという事で、自称していたそうですが、最後までみのるどころか、借金苦の自転車操業の人生でしたね。

演歌は別に嫌いではないのですよ。いまの癒しっぽいj-popの方が自分はだめですね。
元々、日本の歌って、あんまり感動しない方です。洋楽ばかり聞いていたので、日本だと誰が好きですかね。
デトロイト7とか、あぶらたことか、ちょっとアングラで有名ではないようなのが好きですね。

そこそこ洋楽オタクだと思うこともありますが、洋オタって、昔からいますよね。叔父も、カルチャークラブだとか、特にマイケルのファンでしたしね。

おやじのプライドというもの

今日は今日で、寒いですね。

今日の朝ですが、母がちくわぶを食べたかったらしく、親父が買い物に行くというので、お願いした所、ちくわとちくわぶを理解してないという始末でした。
結局、粗食が行き過ぎて、食べ物に高級感があると、わからないのかもしれませんね。
というか、親父以外と偏食です。

甘いものは食べないですし、懐石料理が坊さんが長生きする秘訣といいながら、いつも菓子パンばかり買ってくるという意味不明さですね。
更には、俺が小さい頃は、金がなかったからと言いつつ、サラ金から借りるというよく分からなさですな。

ちなみに、親父は良い人なのですが、何故か天然が入っているのですけど、金の話になると、3時間くらい、ずっと話が続くというパターンです。
何故、ああなったのでしょう。だって、金ってそんなに大事ですかね。
勿論、あった方がよいとは思いますけど、親父の問題点は、やはり借り癖なんですよね。
サラ金はやめようよといつも思うのですが、どうしても借りてしまうという、貯金しておけば良かったのですけどね。

とはいえ、それは親父が、自分と母を食わせてくれる事に対して、絶対にいってはいけない事です。
プライドってものが男にはありますからね。

まさしく雑談ですけど

それにしても、相も変わらず夜ですか。どうして夜は眠いのでしょうね。年中、おじさんのふんどしのような生活だからでしょうか。

以前、左利きの三味線を買ったのですが、あれです、基本暇人なので、右に直すべきだと思います。
それとですね、僕はクレープが食べたいのですよ。三味線に熱く語ってソフトバンクホークスのクライマックスシリーズに関心がある人から見たら、確実に一秒で見ないような話ですからね。
オタク入っていますしね。
クレープって美味しいですよね。最近、少しだけ、金が入ってきたので、セブンのクレープのようなものと、サンクスのクレープを買いました。
結果、血糖値が上がって耐えられませんでしたよ。
インシュリンが結構、高い数値で打っているため、甘いものはやめた方が正解です。
というか、糖尿って完治する治療出してほしいとつくづく思います。合併症が出ないものだとか、そういうものと、後、福島原発の放射能対策の薬なんかあったらいいですね。

とある詩人の大家が、外国の友人から放射能にはヨードだという事で、韓国のりを沢山送られてきたようですよ。
因みに自分の家で、そばを食べていたとか言っていました。
あの詩人の大家も寂しい人生送っているんですよね。

ドラマの中にデジャブを見た

最近テレビで、面白いドラマや映画がありません。

ひかりTVとかDVD借りてきたりでたまにこれとっつきにくいけど面白いんじゃないかって内容のドラマがあっても途中からおかしいなと思い始めよくよく考えたらこれ前見たってオチは結構あります。まあ何度見てもおもしろければいいんですが、さすがにDVDなど借りたときに2度ならずとも3回目だと、俺はいったい何をやっているんだという感じですね。

ところで、最近ある海外ドラマを見てでこのデジャブ現象が起きたのですがどう考えても、あまりみたことない俳優やしらない場所でが一度も見た覚えがないのに内容がある程度分かってしまいます。長いドラマでついついひきこまれる内容のサスペンスものなのですが、いちいち先が読めてしまうのでなんか変な体験をしていると感じます。

続きが見たくてDVDを借りて終わりになるころにようやく気が付きました。ドラマはみたことないけど、設定や時代背景などかえられているだけで原作を読んだことがあるものでした。

さすがに、これには苦笑してしまいました。若い頃に読んだとはいえ内容を覚えておらずドラマの最後の最後になって気が付くとは情けないですね。

まあ、見たことあっても2度たのしめるんだからいいといえばそれまでですが。

「コウノドリ」東京03豊本、麻酔科医でコント延長

毎週TBSドラマ「コウノドリ」観てます。
未受診妊婦、風疹、命の選択など、出産で起きるエピソードに思わず「こんな事ってあるんだ……。」と驚きっぱなしです。
さて、観ようとしたキッカケというのが、主演の綾野剛で……はないんです。「仮面ライダー555」の時は悪役だけど良いキャラしてました。
東京03の豊本さんです。
私、お笑い好きなんです。現実は全然面白くないからテレビで笑っていたいんです。←
ドラマが放映される前、テレビで「コウノドリ」予告編を観た時に、一瞬だけ豊本さんが見えて「あれ?豊本さんじゃね?」と思いました。
そして「コウノドリ」」初回を観たら……豊本さんでした。
麻酔科医の役でした。赤ちゃんが生まれる!っていう時にダジャレ言ってました。

「麻酔うっとかないと“ますい”(まずい)からね。」

………でしょうね!麻酔しないと痛いんですよね!
第2話はマトモなセリフしかしゃべってませんでした。第3話は居酒屋でダジャレ一発放ってました。
第4話はマラソンの練習してました。ナガネなしの、“若い頃の志村けん”に似てる?顔を観れたのはレアですよ!←
原作は読んでいないので分かりませんが……絶対こんな麻酔科医は登場していないに違いない。脚本のオリジナルだと思います。
ネカフェなう、なので原作あったら読みたいと思います。

おいしいお弁当のおかずの工夫

栄養管理の面、そして自分で昼食のお弁当を作る知識を取得することによって生活力を上げていくことによって毎日の励みになるためです。(男性の台所仕事の話です。)

  1. ①案その1 しゅうまいを油で揚げてそして大根を醤油とマヨネーズをからめて出来上がり!しかし、この献立はそれほど特別な物ではありません。そこでご飯の上にかつおぶしとマヨネーズ、醤油をからめてふりかけ代わりにトッピング!これがまさに男の料理
  2. ②案その2 にんじんを油で炒めて、少しやわらかくなったところでシーチキンをからめる。(黄金比ですね!)後は、おかずとしてからあげやかぼちゃをコロッケにしておいしく食べればこれまた完璧(野菜中心の調理がカロリー低減だと思います。)
  3. ③案その3 ご飯をソースと油を炒めて、ヤキソバを細かく刻み、ご飯に混ぜてそばめしにしておかずは卵焼きにしてミニトマトを添えると良い感じ。
    いずれにしてもお弁当の量はその人のカロリーを考え丁度良い量を決めて毎日その量に徹底して食事のときは良く噛んで食べることが必須です。(自分で作り、量を考え、良く噛んで食べる)これによって、規則正しい健全な生活が送れるのではないでしょうか?

これが私の健康術です。