音楽の徒然とした話です。

寒いといえば、新沼謙治の歌で、津軽平野のーなんたらなんてありませんでしたっけ。
春まちなんたら雪とか、ザラメ雪、七つの雪が降るとかそんな歌です。
演歌って聞いているようで聞いてないので、今一なのですが、あれは誰が歌っていたんでしたっけ。

よく親父が、サブちゃんのファンで、色々語っていますが、五木ひろしをいつきと言いますね。
世代的なものなのでしょうね。
北島三郎は、やっぱり出来ているプロだなと思いますね。本名、大野実でしたっけ。
うちの祖父さんが、占い師に改名したもらったのが、実だったと思いました。おちたらみのるという事で、自称していたそうですが、最後までみのるどころか、借金苦の自転車操業の人生でしたね。

演歌は別に嫌いではないのですよ。いまの癒しっぽいj-popの方が自分はだめですね。
元々、日本の歌って、あんまり感動しない方です。洋楽ばかり聞いていたので、日本だと誰が好きですかね。
デトロイト7とか、あぶらたことか、ちょっとアングラで有名ではないようなのが好きですね。

そこそこ洋楽オタクだと思うこともありますが、洋オタって、昔からいますよね。叔父も、カルチャークラブだとか、特にマイケルのファンでしたしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です